記事掲載のお知らせ

 GLOBIS 知見録に、
「大学推薦を撤廃したトヨタの狙いは? 自律的な人材を育てるための採用戦略」と題して寄稿いたしました。

 

 2020年は新卒採用マーケットの大きな転換点となる年でした。近年1.60倍程度で推移していた有効求人倍率は、
新型コロナの影響もあり、2020年10月時点で1.04倍(厚生労働省調べ)まで落ち込み、市場は「売り手」から、「買い手」へと急速に変わりました。

そのような中で報道されたのが、トヨタ自動車株式会社(以下トヨタ)の学校推薦撤廃のニュースです。同社は2022年春に卒業・修了予定の技術職の新卒採用について、学校推薦による採用を廃止し、事務職と同様に自由応募のみとすることを発表しました。

なぜトヨタはこのタイミングで学校推薦の撤廃という決断を下したのでしょうか?